• 電話問合せ

お買い物かご

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品検索

⇒商品カテゴリから検索
⇒商品名を入力

商品カテゴリ

【ガラス作家の手仕事】 豆皿 『張り子犬』(工芸品)

日本の手仕事 工芸品 > 硝子工芸(ガラス) > ・ 縁起物(えんぎもの) 【ガラス作家の手仕事】 豆皿 『張り子犬』(工芸品)

【豆皿(工芸品)】 ガラス作家の手仕事 『張り子犬』
日本の伝統行事を愉しむ。

『パートドヴェール』と呼ばれる石膏型を用いたガラスの作品
ガラス工芸作家 岡田多恵さんによる手仕事。

ご自宅用はもちろん、ご贈答用としも喜ばれております。

石膏肌を生かした「淡雪」のような表面に色とりどりの和模様をちりばめた作品は、繊細で優美。

【張り子犬とは?】
「張り子」は、日本各地で作られてきた紙人形です。古くから子供の玩具や成長を祝う置物、厄除け、福を招く縁起物等として広く親しまれてきました。
張子の犬の歴史は平安時代にまで遡ります。当時は現代のような医学も知識も無く、出産や育児は女性にとってとても大事で、まさに命懸けのことだったのです。少しでも無事に出産が出来る様にとの気持ちから、古来から人に近くいる動物の中で安産でたくさん子供を授かる犬にあやかり、暦の「戌の日に腹帯」を巻いて「犬張り子」を飾るようになりました。

『パートドヴェール』とは?
ガラス工芸の中の一種。ガラスの粉末を型の中で熔融して成型するガラス工芸の技法の1つで、フランス語で「ガラスの練り粉」を意味する。

その作業工程では、原型や鋳型作り、ガラス粉の詰め込みと焼成、研磨に至るまで、多くの手間と時間がかかり、微妙で繊細な技量が要求されます。


【ガラス作家の手仕事(工芸品)】 豆皿 『張り子犬』
●商品詳細 :
○寸法 : 高さ 約2.2cm
○寸法 : 約7cm ×約8cm
※手仕事品のため若干の寸法誤差が生じます。予めご了承下さいませ。
○材質 : ガラス

無料会員登録で、会員様限定のお得な情報を、お知らせさせて頂きます。ぜひご利用下さいませ。伊勢宮 無料会員登録はこちらよりお進み下さい(尚、会員登録は、永久に費用はかかりません)
会員様以外でもご購入可能です。

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

返品・交換について